使用期間1年も危険です

使用期間1年のカラコンは危険ではない。危険なのは正しい使い方をしていない場合である。
と、1年カラコンを取り扱う店舗のサイトなどには必ずと言っていいほど書いてあります。
確かに、それは一理あります。
最近のカラコンは安全性の高いものが多く、正しく使用していれば目に影響を及ぼすことはないとも言えるでしょう。

しかし、本当に正しい使用方法、ケア方法をできている人というのはカラコン愛用者の中でほんの一握りしかいないのが事実です。
そうなると、汚れがしっかり落としきれず、どんどん汚れが蓄積されていくカラコンを1年も使用することというのは目に“病気になってください”と言っているようなものです。

正直なことを言ってしまえば、よっぽど知識が無い限りは、ワンデーカラコン以外のカラコンは不衛生で瞳に対していい影響がないのです。

汚れたレンズを使用することは、瞳に酸素を通さないレンズを使うことになります。

ですので、大体の場合長期使用のレンズは危険だといえるのです。
ましてやザピエルカラコンは日本の厳しい安全基準で安全であると判断されたわけではないので、尚のこと危険だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>